育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ロードバイク

CANYON/キャニオンのロードバイクは初心者のファーストバイクになり得るか

投稿日:

コストパフォーマンスの高さで大衆を引きつけておいてから入手維持の難しさで突き放してくるCANYONのロードバイク。

CANYONは「組み立ては簡単。マニュアルもあるしすぐできるよ」と言っていますが、果たしてロードバイク初心者にも組み立てられるのでしょうか。もっと言うと、初めてロードバイクを買う人のファーストバイクとして選んでも大丈夫なのでしょうか。

結論から言うと、条件付きでしかおすすめできません。

理由はいくつかあります。


スポンサーリンク

組み立ては簡単。でも微調整が必要

たしかにマニュアルや動画を見ながら組み立てれば、素人でも組み立てられます。でも、マニュアルにないことが起これば対応できません。

「完璧に整備されて届くはずだから異常はないだろう」と思う方もいるかもしれません。確かにマニュアル通りに組めば乗ることはできます。でも、細かな異常に気づかず乗り続けると、自転車の寿命を縮めることになります。

例えば私の場合、ハンドルまわりがゆるゆるでした。自転車から降りて押して歩いていると、すぐにハンドルがくるんと回ります。これはヘッドキャップのボルトを締めれば解決しますが、マニュアルには書いていません。

しかもCANYONの場合、別売のパーツを買わないと締められない仕様でした。これは素人にはわからない。

CANYONロードバイク

他にもブレーキが締まり過ぎ、チェーンがゆるゆるでギアによってはフレームに接触するなどがありました。

正確なポジションが出せない

CANYONロードバイク

ロードバイクでは、ポジション(乗車姿勢)が重要です。サドルやハンドルの高さや位置など、ミリ単位で調整することもあります。これがきちんとできていないと、乗ってて腰が痛い腕が痛いといったトラブルにつながります。

CANYONは整備されて届きますが、あなたの体に合わせて調整されているわけではありません。最後の微調整は自分でしなければいけません。

「いきつけのお店」ができない

普通ロードバイクを買うときは、プロショップで買うのが常識です。それは、買うときの相談はもちろん、買った後のアフターサポートが重要だからです。

自分のところで買ってくれたら、基本的なアフターサポートは無料というお店がほとんどです。CANYONですと、ネットで購入するしかないので、いきつけのお店というものができません。

有料だけど対応してくれたり、嫌がられたり、断られたり、お店によって反応はまちまちですので、こればかりは聞いてみないとわかりません。

でも、それでも手に入れていいくらいの価値がある

CANYONロードバイク

マイナス面の話が多くなってしまいましたが、CANYONのロードバイクはとても素晴らしいものです。無責任なことは言えませんが、個人的には上記のマイナス面があってもそれを乗り越えて手に入れて欲しいと思っています。ほんとそれくらいの価値があります。

私には好んでロードバイクのメンテナンスをしてくれる先輩がおります。CANYONのロードバイクを買うときも、相談したらもろもろ見てくれるとのこと。むしろ、めったにお目にかかれないのでどんなもんか見てみたい、と。ありがたい話です。

こんな風にロードバイクについてあれこれ教えてくれる知人友人がいれば、CANYONは最強の選択肢になり得ます。通える範囲のプロショップを巡って「CANYONのバイク買おうと思っているのですが、メンテナンス頼めますか」と聞くのもよいでしょう。

ロードバイクを買うならがんばって20万円くらい出しましょうが持論の私からすると、CANYONのロードバイクは同じ予算で1つ、あわよくば2つグレードの高いものが手に入ります。

もうめちゃくちゃ矛盾していますが、初心者にはおすすめできないけど、初めてロードバイクを買う人にこそ選んでほしいメーカーなのですww

メンテナンスを教えてくれる人か、他店購入したものでも気にしない店をがんばって探せば、CANYONのマイナス面は克服できます。だから、気になっている人は努力してみる価値はあります。

「このコンポはいくらで、ホイールはいくら、いくらのタイヤを履いているから…」と計算していくと「フレームタダやん!」と突っ込みたくなるくらいです。妥協を許さない感じで組まれているので、初心者によくある「安物買いの銭失い」に陥りにくい。

それでいて乗り心地は快適。どんどん遠くに走って行きたくなってしまう。入手難易度の高さもあいまってか「あのCANYONに乗ってるんだ」と気持ちも爆上がり。ついついロゴ入りキャップを買ってしまうほど。

イベントに参加すればちやほやされること間違いなし(されなかったらすねる)。

とにかく、私が言いたいのは、気になったのならマイナス面を克服してでも手に入れろ、です。

ロードバイクは見た目が9割。気に入ったフレームを選ばないと後々後悔します。

それでは、よきロードバイクライフを。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!

[`evernote` not found]

-ロードバイク

Copyright© 育休男児 , 2018 All Rights Reserved.