Pの理論

1年間と3ヶ月育児休暇を取得した男の奮闘記。レザークラフト、DIY、ロードバイクなどの情報も。

レザークラフト

キャッシュレス時代の理想のミニマル財布「PREESo」とそれを支えるレザーコインケース

更新日:

革のものっていいですね。レザークラフトを始めてから革製品への思い入れがぐっと増しました。基本的に革の持ち物は自分で製作したものを持っているのですが、プロの技を学ぶために既製品を買うこともあります。特に薄い財布というのが種類が少ない上に、作るのがとにかく難しい。勉強も兼ねて「PREESo」というミニマル財布を買ってみました。

そして、後述しますがこの「PREESo」だけで生活するのは難しそうだったので、補助的に使えるコインケースを自作しました。

スポンサーリンク

キャッシュレス時代の理想の財布「PREESo」

PREESo
こちらが「PREESo」。カラーはアメリカーノ。ブラックではなく、ほんのり茶色がかっています。

PREESo
3箇所あるカードポケットに免許証、クレジットカード、キャッシュカードを入れました。革が馴染んでくれば1ポケットにつき2枚ずつ入るそうです。合計6枚のカードが収納できると。

あとはお札。中央のコインポケットは非常時以外使わない予定です。

思い入れのある財布とお別れ

今まで使っていた財布がこちら。
L字ファスナーウォレット
ファスナーがL字についているロングウォレットです。初めて手作りした財布だったのでとても思い入れが強いです。

しかし、サイズが大きく、かばんがあるならまだしも、ちょっと財布だけ持ってコンビニになんてシーンでは不便だったのも事実。

L字ファスナーウォレット
とにかくカードがたくさん入るように作ったのですが、「果たしてそんなに必要か?」と思うようになってきました。やはり思考の変化に合わせて持ち物もアップデートしなくてはいけません。

完全にキャッシュレスには移れない

変化といっても急激な変化は怖いもの。いきなり現金を持たない生活にするのは正直不安です。そこで、コインケースを自作してみることにしました。
コインケース
考えてみると、実生活の中で小銭が必要な場面がぽつぽつあったので、マチがある容量の多いものにしました。

コインケース
コイン受けもついていてドバーッとこぼれにくい。カード1枚くらいなら前面のポケットに入ります。

革の色も気に入っています。

財布の終わりも近いのか

「PREESo」を持って何度か買い物に出かけましたが、まだすべてをキャッシュレスにしてしまうのには抵抗がありました。この財布を持ったことをきっかけに、少しずつスタイルも変えていけたらなと思います。次に財布を替えるころには、自分で理想の財布が作れるようになっているかな。それとも、財布という存在そのものがなくなっているのかな。

あ、ちなみに革製品のお手入れは、お手頃で使いやすい「ミンクオイル」がおすすめです。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!

[`evernote` not found]

-レザークラフト

Copyright© Pの理論 , 2019 All Rights Reserved.