育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

DIY

【DIY】マイホームの庭を芝生化!できるだけ安く済むようにがんばりました

更新日:

自宅の裏には二羽にわとりはいませんが、ちょっとした庭があります。建売住宅を買ったものでなーんにも植わっていない、簡素な庭です。

そのままにしておくと雑草だらけの荒れ地になりそうだし、せっかくのスペースだから子供も遊べる空間にしたい。

ということで芝生化することにしました。

芝生はいろんな張り方がありますが、今回チョイスしたのは、一面芝生におおわれるまでは時間はかかるけれども安価で済むという方法です。

スポンサーリンク

芝生を張るのに適した時期は?

まず芝生を張る時期ですが、春一択です。細かく言うと、3月中旬から梅雨入りまでです。

理由としては、芝生は春によく育つのと、梅雨入りまでに根づいていると水やりが楽というのがあります。

百歩譲って秋という選択肢もあるようですが、芝生が休眠する冬に向かうということで、あまり素人にはおすすめできません。

植える前の下準備

草引き

植える所に雑草が生えている場合は抜いておきます。根っこがしつこい草は、根までしっかり取り除いておきます。
芝生を植える
前日が雨だと土がやわらかくてとても抜きやすいです。また、雨の日に庭をチェックしてみて、極端に水たまりができている場合は、土壌改善の必要があります。

耕し〜ならし

芝生を植える
深さ20〜30センチほど耕します。

芝生を植える
平らに均して踏み固めます。このとき、家側から外に向かってゆるい傾斜を作っておくと、雨のときに水がたまらずに流れて行きます。

やっぱり専用の道具があった方が作業が楽です。私の場合、実家が農家でいろいろ農具があったから代用しましたが、何もない場合はレーキを用意すると安心です。

芝生を植える

まず、水をまきます。
芝生を植える

続いて、マットタイプの芝を並べていきます。並べ方は3種類ほどあって、いちばんおすすめなのは「全面張り」。
芝生を植える
「全面張り」の場合はこのように並べます。レンガのように、半分ずらしながら隙間なくぴっちり埋めていく張り方です。

芝生を植える
しかし、今回は予算を抑えるためあえて隙間をあけてならべました。全面張りですと、定着後すぐに芝生を楽しめるのに対し、このように隙間をあけると、一面芝生に覆われるのにおよそ1年かかります。

その代わり全面張りよりも半分くらいの量で済むので、経済的です。実際、ざっと18平方メートルの庭に対して9平方メートルくらいの芝で済みました。

芝生を植える
置けたらふみふみして芝生と地面を圧着させます。

芝の目砂(目土)を入れる

芝生を植える
芝の目砂(目土)というものをまきます。

芝生を植える
多めにまいて、ほうきや手のひらで芝の葉先が見えるようにならします。

芝生を植える
終わりました。

根が定着するまで約1ヶ月ほど、毎日水やりします。

庭一面芝生に覆われるのが楽しみ

いかがだったでしょうか。そんなに広くない庭なら自分でできちゃう芝生張り。お手入れなどこれからが大変ですが、張り作業は簡単にできました。

実際に張ってみていちばんネックだったのが芝生の入手方法。私の場合はたまたま近所のホームセンターで見つけられたのでよかったですが、近くに売っていないという方も多いと思います。そんな場合は通販を利用するのがおすすめ。芝生にも通販があったんです。私も調べてびっくり。

最寄りのホームセンターで見つけるまでは、私もネット注文する気まんまんでした。

意外と自分でできちゃう芝生張り。ぜひあなたも試してみてください。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!

[`evernote` not found]

-DIY

Copyright© 育休男児 , 2018 All Rights Reserved.