Pの理論

1年間と3ヶ月育児休暇を取得した男の奮闘記。レザークラフト、DIY、ロードバイクなどの情報も。

お家で本格スパイスカレーは意外とカンタン!無理のない始め方とおすすめの本をご紹介

投稿日:

自分でスパイスを調合して本格的なスパイスカレーを作ってみたいと心の中では思っている人ってけっこういるんじゃないでしょうか。私もそうで、スパイスカレーを作っている姿を想像しては「いやいやスパイス何種類いるねん。大変大変」とやる前からあきらめている人でした。しかし、ある物がきっかけで「スパイスカレーって案外カンタンやん!」と思うようになりました。

今回は私は「おうちスパイスカレー」を始めるきっかけになった物と、作るときに参考にしているレシピ本2冊をご紹介します。結論から言うと、スパイスカレーめっちゃカンタンでおいしいです。田舎のスーパーでも売っている3種類のスパイスがあればできます。ぜひあなたもこれを読んで「おうちスパイスカレー」を始めてみてください。

スポンサーリンク

試しにスパイスカレー体験。お手軽キット

まず、私が「スパイスカレー案外家でも作れるやん」と思うきっかけになったのが、印度カリー子という名前で活動している方のサイト「はじめてのスパイスキッチン 印度カリー子のスパイスショップ」で販売されているスパイスセットを買って作ってみたこと。

これのいいところは、

  1. キットになっていて無駄がない
  2. 珍しいスパイスも入っている
  3. 分量を考えなくていい
  4. お試しにはもってこいの価格

です。これにたまねぎ、トマト、肉などスーパーで手に入る食材を足せば簡単に本格スパイスカレーを作ることができます。まずはこれでスパイスカレーが好きかどうか、作るのが楽しいかどうか試してみてください。

特に何も考えず作ったカレーを食べて、家族と感動したことを覚えています。【からくない】バターチキン 9種のスパイスセット 4人前 | はじめてのスパイスキッチン 印度カリー子のスパイスショップあたりが初めてにはいいんじゃないでしょうか。

おもくない! ふとらない! スパイスとカレー入門

さきほどのキットでスパイスカレー作りにハマったなら、自分でスパイスを買ってきて作ってみたくなります。そんなときに役立つのがこのレシピ本です。

スパイスキットの販売者と同じ方の本です。このレシピ本のうれしいところは、本格的なスパイスのレシピを載せていながら、最低この3つだけでも大丈夫という懐の広さです。通常のスーパーでは手に入りにくいスパイスも揃えてレシピ通りに作るのもよし、「クミン」「コリアンダー」「ターメリック」という比較的手に入りやすい3種類のスパイスだけで手軽に作るもよし。無理のない範囲で自分のやりたいように作れるのが嬉しいレシピ本です。

ひとりぶんのスパイスカレー

さきほどのレシピ本でスパイスカレーを作ると、あることに気づきます。「初めの工程ほとんど同じやん」と。そう、もちろん例外はありますが、印度カリー子さんのレシピは、ホールスパイス熱して、たまねぎ炒めて、トマト炒めて、パスダースパイス入れるところまで同じです。そこから鶏肉入れるのか、ひき肉にするのか、豆にするのか、水でのばすのか、牛乳でのばすのか、ヨーグルト入れるのかで派生させていきます。

じゃあ共通する作業をまとめてがーっとしておいて、冷蔵or冷凍保存。食べたいときに食べたい分だけ好きなカレーに仕上げて食べよう、というのが次の本です。考え方がすごく好きな一冊です。

一冊目が割とガチ目の本格派レシピとすれば、この2冊目は比較的カジュアルな印象です。アレンジレシピも豊富です。「鯖カレーそうめん」作ってみましたがこれが絶品。

私でもスパイスカレー作れました!

これはたぶん内容的にかぶるなと思ったので買っていないのですが、パラパラっと中身を見た感じ、1冊目の「おもくない! ふとらない! スパイスとカレー入門」のマンガバージョン。レシピ本よりは、マンガの方がすっと入りやすいという方はこちらの方がいいんじゃないでしょうか。

スパイスカレーが人生を豊かにする

スパイスカレーを家で作り始めてから、QOLが爆上がりしています。1冊目の書籍にも書かれていて、思いっきり共感したんですが、スパイスカレーって作っているときが幸せなんですよ。スパイスの刺激的で優しいかおりをかぎながらたまねぎを炒める。最高の時間です。

作り方は各流派いろいろあるでしょうが、私は印度カリー子さんのレシピがぴったりとハマりました。ほんとお手軽なんです。お手軽でいて、深めようと思えばどんどん深められる、そんな料理だと思います。

[`evernote` not found]

-

Copyright© Pの理論 , 2019 All Rights Reserved.