育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

働き方

ぶっちゃけオフィスに行かない働き方のほうがいいことだらけなんじゃないか

投稿日:

日中はオフィスに縛られているなべこう(@fukujion)です。

一時「ノマドワーク」という言葉が流行しました。特定の職場、オフィスを持たずに電源とネットがあればどこでも仕事ができるスタイルです。

ノマドワーカーのほとんどはフリーランスでやってる人だと思うのですが、最近は企業としてもわざわざオフィスにこないでも働けるスタイルをとっているところがあります(まだまだ少ないですが)。

賛否両論あるところですが、ぼくはオフィスに行かなくてもいい働き方のほうがいいと思っています。
photo credit: Oblong via photopin cc

スポンサーリンク

通勤しなくていい!

オフィスワークを失くせば、当然ながら通勤もなくなります。通勤ってかなり時間の無駄だと思うんですよね。車だと何もできないし、電車でも仕事ができる環境じゃないし。

自宅や近くのカフェで仕事ができれば、時間を大きく節約できます。

周りの目を気にしなくていい!

ぼく、周りの目をすごく気にしちゃうタイプなんです。職場でコーヒー飲んでるときも「あいつまたコーヒー飲んでら」と思われていないか怯えながら飲んでます。

仕事が終わり、帰るときにまだみんな残っていたら「悪いなぁ」とか「早く帰るなとか思われてないかな」と考えてしまうのはサラリーマンあるあるです。

それがどうでしょう。例えばカフェで仕事をしていると、コーヒーを飲めば喜ばれます。いつ来ていつ帰っても変な目で見られません。余計なことを考えずに仕事に向かえます。

自分のペースで働ける!

オフィスに行くということは、ある程度動きも制限されます。

就業時間がそうです。決められた時間の中でいなきゃいけないと、自分のベストな時間帯で働けないかもしれません。

お昼を食べに行くことになって作業を中断することもあるでしょう。食べると効率が落ちるからずらして食べたい人もいます。食後に睡眠をとりたい人もいます。

オフィスだとなかなかそういうことはできません。

刺激を得られる!

オフィスの中の人たちは、みんな同じことを考えています。その会社に勤めているのだから、同じプロジェクトなり製品なり、頭の中はだいたい同じジャンルのことで埋められています。

一方カフェなどではいろんな人がいます。他愛もない主婦の愚痴から思わぬアイデアが浮かぶこともあるかもしれません。

アメリカでは、意見がまとまらないとき「ピザ屋さんを呼ぼう」と言うそうです。出前のピザを頼んで、もってきてくれた関係のないお兄ちゃんに「どう思う?」と聞くのです。

つまり、全く関係のない人の意見が思わぬ打開策となることがあるのです。同じように周りの人の何気ない会話が閃きを与えてくれるかもしれません。

もしものときすぐ動ける!

働く場所を自由に選べれば、何かあったときにすぐ動けます。

子どもを持つ家庭の場合、熱を出した!ケガをした!なんてときにすぐ動けるのは、とてもありがたいことです。オフィスにいるとどうしても周りの目が気になってさっと動きにくいですから。

などなどの理由から、ぼくはオフィスに縛られない働き方の方が良いと思います。「人の目がなくなるとサボるんじゃないの?」と思われがちですが、逆に効率上がったなんて話もよく聞きます。

ツールがどんどん登場して、いろんなところで働けるようになった昨今。それでもオフィスにこだわるのは、単に相互監視したいだけなのかもしれませんね。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-働き方

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.