育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ニュース 働き方

[P]がんばればがんばるほど評価がさがる「教師」というブラック職業

投稿日:

【「体罰」を考える】(18)「ターイバツ、ターイバツ」の連呼が響く教室 苦悩する教育現場(2/2ページ) - MSN産経westというニュースをみました。以前書いた記事「教育現場から人間味が失われていく・・・」で書いた通り、体罰という言葉を盾に、好き放題やらかす奴らが出てきているようです。学校の先生もたまったもんじゃないです。

厳密に言えば体罰ではないんだろうけど、生徒から「体罰だ」と言われれば一瞬ひるんでしまうものです。明らかに悪いことを生徒がしているにも関わらず、です。何か今、どんな状況でも体罰が絶対悪みたいにとられてしまっていて、そこに至るまでの経緯や状況が全く無視されているように思います。まぁニュースや新聞からの情報で関係ない者が細かく理解することは難しいですけど。

また、体罰を告発するサイトなんかも開設されたようです。個人は特定できないようになっているとのことですが、正直に「タバコ吸ってたら殴られた」とか「生意気なこと言って殴り掛かったから殴られた」みたいに書く人はいないでしょう。きっと一方的にやられたことしか書きません。まさに負の増幅装置です。

この体罰=絶対悪な雰囲気が広まるとどんなことがおきるでしょうか。記事内にもありますが、問題のある生徒、学級に教師が関わらなくなります。だって教育的情熱に燃えて、不良少年や問題児の多い学級に関われば関わるほど、体罰だなんだと言われ、場合によっては処分されることにさえなりかねないですから。事なかれ主義で穏便に済ませた方が、プラス評価はないにしろ、処分を受けることもありません。周りを地雷が囲んでいるのにそこに歩み寄れって、誰がいきますか、そんなところ。

つくづく教師ってブラックな職業だなと思います。教育という美名のもとに、あらゆることが黙殺されています。四肢をもいで「踊れ」ではなく、聖なるバリア「ミラーフォース」を手札に忍ばせておいてほしいものです、上には。


-ニュース, 働き方

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.