育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ロードバイク

サイクルジャージのインナー(ベースレイヤー)にはモンベルが快適良コスパでおすすめ

投稿日:

サイクルジャージの下には何も着ないと思ってました。なべこう(@fukujion)です。

サイクルジャージをいろいろと物色する中で、やっぱ必要だよということを知りました。理想を言えば、やっぱりRaphaちゃん。でも高い。

ジャージさえ買えないのにインナー(ベースレイヤー)もなんて、とてもじゃないけど無理。代替案を考えた結果、ユニクロを経由してモンベルにたどり着きました。さすがモンベルはん、めちゃめちゃ高機能なのに低コストで感動しました。


スポンサーリンク


まずモンベルに行く前に、ふと頭をよぎるユニクロをなぜ採用しなかったかを。

ユニクロにはあったかインナーの代名詞「ヒートテック」があります。私も体は1つなのに4.5枚持っているお気に入りアイテムです。夏場はエアリズムですね。で、ヒートテックの何がダメかと言うと、普段着には最強でも運動には不向きなところです。汗をかくと気持ち悪いし、ヒートテックを着ての運動は、私には暑すぎます。なので、ユニクロ以外のインナーを探していました。

そこでふと気になったのがモンベルです。モンベルには2種類のインナーがあります。「スーパーメリノウール」と「ジオライン」です。前者は天然素材、後者は化学繊維です。

モンベルの「ジオライン」

今回おすすめしたいのは、化学繊維の方の「ジオライン」です。

モンベル「ジオライン」

実際に着てみてすげーってなったのが速乾性。すごく汗が乾きます。商品説明によりますと、汗で濡れたところが広がっていき、さっと乾くとのこと。

ジオラインの速乾性

走り終えてびっくりしたのが、ウェアはしっとり湿っているのに中に着ていたジオラインは乾いていたこと。どゆことやねん!ってなりますよ。洗濯しても干すころにはもう乾いています(爆)

こんなに速乾性があるということは、汗によって体の熱が奪われる、いわゆる「汗冷え」をしにくくなるということです。がーっと自転車をこいで汗をかき、休憩のときにその汗のせいで寒くなるということを防いでくれるんですね。

この速乾性だけでスポーツにはこれ!ってなりました。でも、これ以外にもうれしい機能がありました。

まず保温力。繊維の間に空気の層を作って保温力を高めるのはもうあったかインナーにはお約束。

次は防臭性。汗をかいて臭うのは気のせい、ではなく菌のせいだと言われています。ジオラインには、抗菌よりも強力な制菌効果があるとか。バクテリアを時間とともに減らすんですって。

他にも静電気が起きにくいとかストレッチ性に優れているとか冬場の運動にありがたい機能がたくさん備わっています。

ちなみに、ジオラインには生地の厚さによって、ライトウエイト(薄手)、ミドルウエイト(中厚)、エクスペディション(厚手)と3タイプがあります。自転車のような激しめの運動で、しかも軽さを求める系ならライトウエイトが最適でしょう。

ヒルクライムにはスーパーメリノウール

冒頭にも書きましたが、モンベルには化学繊維の他に天然繊維のスーパーメリノウールもあります。お店の人によると、天然のウールというだけあってこちらの方が温かさは勝るそうです。でも自転車だと暑くなりすぎますよ、と。

モンベルはやはり山登りブランドということもあって、登っては休み登っては休みを繰り返す登山にスーパーメリノウールは力を発揮するそうです。汗を効率よく吸収し熱を生む「吸湿発熱」効果があるそうです。

もし自転車で着るとなると、寒い冬の山をじっくり登るヒルクライムやゆっくり走り、途中で写真をたくさん撮る観光ライドにぴったりでしょう。

やはりスポーツ用品メーカーのウェアはいいもんですねぇ。自転車乗りさん、一度検討してみてください。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-ロードバイク

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.