育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ロードバイク

初心者こそ安心!自転車(ロードバイク)のチェーンメンテナンスを簡単に失敗なく仕上げる1本「ラスペネ」

投稿日:

なべこう(@fukujion)です。

自転車に乗っていると、避けては通れないのがチェーンのお手入れ。その他の調整はショップに頼むとしても、チェーンの汚れ落としは自分でしたいものです。

調べると、チェーンの汚れを落としてオイルをさして、と結構手間がかかりそう。しかもきっちり乾燥させないと逆効果という話です。

そこで、たった1本で手入れできて、なおかつ失敗の恐れがない「ラスペネ」をご紹介します。


スポンサーリンク

ディグリーザーとチェーンオイル

ネットでチェーンメンテナンスについて調べると、よく出てくるのがディグリーザーでチェーンの汚れを完全に落としてから、チェーンにオイルをさすという方法です。

ディグリーザーは、汚れや古い油を根こそぎクリーンにするので、理にかなったメンテナンス方法だと思います。ですが、この方法はとても難しいというのです(いきつけの自転車屋さんが)。

ディグリーザーの難点は、乾燥にあります。液体ですので、ふきつけるとチェーンはぬれます。この後、雑巾で拭いてから油をさしていたのですが、自転車屋さんに持っていくと、「乾燥してないのに油さしちゃったね」と言われました。

自転車屋さんの話では、丸一日以上かけて乾かさないといけないということでした。なんなら、油さす前に自転車に乗って、風で乾かすくらいでもいいと。完全に乾ききる前に油をさしてしまうと、チェーンがべっとべとになってしまいます。つまり、ディグリーザーは乾いたかどうかの見極めが難しく、中途半端だと余計にチェーンを汚してしまうのです。

ラスペネ

じゃあ初心者はどうメンテナンスすればいいの?自転車ショップのおじさんのオススメは「ラスペネ」なんだそうです。

ラスペネ

使い方は簡単。手近な雑巾や布にプシューとスプレーして湿らせ、チェーンを拭くだけ。直接チェーンにかけてもいいですが、はねてフレームが汚れちゃうので注意が必要です。

ちなみにぼくは、この雑巾を使っています。

フレームも拭けて便利です。

まずは使用前↓

ラスペネ使用前

そして、使用後↓

ラスペネ使用後

どうです?十分ピッカピカになったと思いません?油もささなくていいので、これでもう完成。5分もあればできちゃいます。

ディグリーザーを使うと確かに100%汚れを落とせるかもしれません。しかし、素人がやると逆に汚してしまうリスクもあります。一方ラスペネは、だいたい8割方きれいになりますが、失敗のしようがない。

ぼくは、手軽でミスのない、ラスペネを選びました。チェーンメンテナンスでお困りの方は一度試してみてください。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-ロードバイク
-

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.