育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ロードバイク

ロードバイクで高野山クライム!渋田(しぶた)ルートの紹介とおすすめ補給ポイント情報

投稿日:

俄然山に登りたい派のなべこう(@fukujion)です。

1年ほど前から目標にしていた高野山へのロードバイク登山。気づけば1年たっていてこりゃまずいということであわてて登ってきました。ちょうど5月に出場予定の若狭路センチュリーライドにけっこう登るポイントがあるのでその練習もかねて。

高野山にはいくつか登山ルートがあるのですが、今回は比較的登りやすい渋田からのルートで登りました。それといくつかおすすめの補給ポイント(休憩所)もご紹介します。

スポンサーリンク

東渋田のセブンイレブンからスタート

さて登るぞ!というところにちょうどセブンイレブン渋田東店があります。これから高野山に登るという人たちで割と賑わっているコンビニです。ここで飲み物や補給食の準備を整えておくと良いでしょう。

高野山スタート

それではスタート!標識によると、距離は23kmですね。

美嶋温泉までガマン

スタートするとすぐになかなかな登り区間に入ります。初めて登ったときは1kmも行かないうちにめげて帰りました。今回はもうちょっとがんばるぞ!

坂、ゆるい坂、坂の繰り返しです。「おいおいこんなのが23kmも続くのかよ」と心が折れそうになりますが、そんなことはありません。町石道という徒歩専用の登山道でもそうですが、道中平坦や下りもあります。合言葉は「美嶋温泉」です。美嶋温泉という日帰り温泉を過ぎると、一気に下りになります。とりあえずここまでがんばりましょう。

とは言え、この美嶋温泉の看板が見えるころには、前半最大の登りに突入しています。看板があるのになかなか通り過ぎれない!と思うことでしょう。

おすすめ補給ポイントは矢立(やたて)。やきもちはぜひ食べてもらいたい

三嶋温泉を過ぎると一気に下ります。え、せっかく登ったのにと思うほど下ります。下ってからもしばらくは平坦。あってもごく緩やかな登りです。

この先トンネルが2本あるので、明るくてもライトの準備をしておいた方が賢明です。

最近登ってなかったので知らなかったんですが、左手にカフェができていました。少し早いですが、ここで休憩してもいいかもしれません。

もう少し行くと「きしや本舗」というお店があります。
きしや本舗
これが平坦区間の終わりの印です。ここからはもうずっと登りが続きます。登り始めということで、ここで補給してもオッケーです。このお店は「やきもち」を売っているお店です。やきもちはぜひ食べていただきたい。高野山でも食べられますが、本番はこっち。個人的にはここが一番おいしいと思います。

お店の人に聞くと、よく自転車乗りがやってきて、ここで休憩したり折り返したりしているそう。

私はもうあとちょっと上に登ったところで休憩しました。

少し登ると「上きしや」があります。きしやの上だから上きしやでしょう。ここでもいいけれども、坂の途中だし反対側だし見送った方が無難です。できれば帰りにでも。

さらにもうほんのちょっと行ったら、矢立(やたて)という場所に出ます。ここは徒歩登山道(町石道)、橋本ルートと合流するポイントです。
矢立
ぼやけてるのはケース越しに撮ったから。

歩いて登る人は、この建物の向かって左にある道から登って行きます。車、自転車は右側。

やきもち休憩〜
矢立のやきもち
あんこが染みる。。。

本気の高野山が牙をむく

さて、矢立で休憩を済ませたらここからが本番。ここからはずっと登りです。足をつくことはなかったけど、ひーこらなる斜度の所もあります。また、カーブミラー必須のクネクネ道なので車に気をつけながら走らなければいけません。幸い、ゆずりゾーンのようなスペースがたくさんあるので渋滞を巻き起こすことはないでしょう。

途中「今スカイツリーと同じ高さやで!」ということを教えてくれる看板があったり、遠くに見える山々が同じ高さだったり、登ってきたなぁと感じるポイントが増えてきます。

高野山・大門到着!

なんとなーくお香のような香りがしてきたらゴールは間近!ようこそと言わんばかりの大きな門、大門(だいもん)がゴールです。
高野山・大門

歩きルートの人はガードレールの下から現れます。撮影スポットなのでぜひ写真を撮っておきましょう。

この大門から高野山内に入れます。高野山の道は、自転車で回るのに最適すぎる環境です。せっかく来たのですから、隅々まで回ってきてください。おすすめおやつは「あんぷ」と「みろく石」です。やきもちも売っていますが、道中紹介したお店の方が数倍うまいので行きか帰りに食べましょう。

めっちゃ寺があるので御朱印を集めて回ってもいいですね。せっかくですから高野山で御朱印帳を買うのもしゃれてます。
開創1200年祭イベントで沸く高野山に行って、御朱印帳を買って、アムラーに気に入られた話

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-ロードバイク

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.