育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ロードバイク

手頃なケイデンスセンサー対応GPS搭載サイコン「bryton(ブライトン) Rider310」開封の儀

投稿日:

初めてロードバイクを買ったときはいらないと思っていたサイクルコンピュータ。速度や距離が分かるちっちゃな機械ですね。

でもやっぱり長く乗ってると「どれくらいの距離走ったかな」「今どれくらいスピードでてるんだろう」と気になり始めます。とりあえず距離と速度を測れる手頃なのを買いましたが、今度はケイデンス(ペダルの回転数)や獲得標高が知りたくなりました。GPSも搭載していて走った道のログを取りたい。

そうなってくるとお値段が跳ね上がります。サイコンのトップブランド「GARMIN(ガーミン)」だと3万4万5万します。それならウェア買いたい…なんでみんな持ってるのか不思議…

詳しい人に訊ねたり自分で調べたりした結果、bryton(ブライトン)のサイクルコンピューターがお手頃価格なのにケイデンスセンサー、GPS、標高すべてに対応しているようです。みんなと被らない物好きな私、brytonを試してみることにしました。

スポンサーリンク

bryton Rider310E 開封の儀

購入したのはbrytonのRider310Eというモデル。なぜこれにしたかというと、手に入りやすかったから。後述しますが、brytonって手に入れるのが難しいんですね。

bryton Rider 310
箱でーす。

bryton Rider 310
裏でーす。私は必要なかったので触れませんでしたが、心拍モニター対応です。というかant+とBluetoothに対応しています。

bryton Rider 310
中身をすべて出しました。充電ケーブル、クイックスタートガイド、仕様書、バーマウント、本体、ゴムリングです。

bryton Rider 310
本体正面。なかなか好きですよ、このデザイン。

bryton Rider 310
ボタンは下部に3つ。

bryton Rider 310
裏面。マウントにひっかけるツメとUSBケーブル差込口があります。

bryton Rider 310
バーマウント。ハンドルバーに固定するやつですね。輪ゴムタイプ初めて。

bryton Rider 310
充電用USBケーブル。持ってるタブレットやAndroidスマホと同じだったので使いまわしできそう。

フロントマウントが付いてた!

ラッキーなことに、本来別売であるフロントマウントもセットで売られていました。これは嬉しい!

bryton Rider 310 マウント
ブライトンロゴがうれしい。

bryton Rider 310 マウント
対応モデルは、Rider100、310、330、530。

bryton Rider 310 マウント
アーレンキーとハンドルバーの太さに応じて付け替えるゴムが付いていました。

入手困難なbryton

コストパフォーマンスに優れたbrytonですが、1つ欠点があります。それは売っているお店が少ないこと。ガーミンやポラール、キャットアイなどと比べるとまだまだマイナーなbryton。入手困難です。

通販ほとんどありません。自転車パーツ店に勤める友人に訊ねても難しい、と。Amazonで調べると並行輸入品ですけどありました。プライム対象じゃないし、販売店名も聞いたことないところだったので少し不安でしたが、そこで買うことにしました。

注文したときは気づきませんでしたが、どうやら中国のお店らしく、国際郵便で届きました。開けると拙い日本語で「問題なければ☆4をつけてくれ。☆5だと尚良いよ。頼むから☆1とか文句はやめてくれ」って書いてありました。

まぁでも無事についてよかったです。価格も安かったしマウントもついていたしラッキーでした。他にもRider100や330もありましたよ。

私が今回身を以て証明しましたし、Amazonにお店を出しているので大丈夫でしょう。

さて、次回はいよいよロードバイクに取り付けて、実際走ってみた感想をまとめたいと思います!

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-ロードバイク

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.