育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

レシピ

鶏ムネ肉をやわらかジューシーなからあげにする魔法の液体を知ってるか?味付けも不要で失敗なし!

投稿日:

きっちり自炊するようになったからか、体重がゲキ落ちしてみんなに心配されているなべこう(@fukujion)です。

毎日のようにスーパーで買い物をすると、だいたい値段の相場が分かってきます。鶏肉で言うと、モモ肉よりムネ肉の方が安い。知ってる人は知っている当たり前のことなんですが、私ははっきり分かっていませんでした。

モモ肉の方が高いのは当然で、食べてみるとやはりジューシー。ムネ肉はあっさりですが、淡白とも言えます。からあげを作るなら間違いなくモモ肉を使うわけなんですが、家族全員の胃袋と心を満たす量のモモ肉を買うとコストがかかりすぎる。

そういう悩みを打ち消してくれる魔法の液体を発見しました。安いムネ肉を使ってやわらかジューシーなからあげを作れる液体。しかも漬けるだけで味付けも完了してしまう、おそろしい液体です。

スポンサーリンク

液体塩こうじ

slooProImg_20161004153524.jpg
ええ。塩こうじ。塩こうじです。主婦スキルの高い方なら「ムネ肉をやわらかくする」イコール「塩こうじ」と思った方も多いでしょう。ご明察。

私も塩こうじの名前は知っていました。ただ、ねっとりしたものしか知りませんでした。良いとは聞くけど、仕込みがめんどそうだなという印象。しかしこれは液体。お手軽そう!

液体塩こうじで作る鶏ムネ肉からあげレシピ

液体塩こうじを使うとおいしいからあげがムネ肉でできます。我が家で作っているレシピをご紹介します。

用意する食材は、好きな量の鶏ムネ肉と液体塩こうじ、それと片栗粉、天ぷら油だけ。

液体塩こうじからあげ
鶏ムネ肉は、そぐように切ります。

液体塩こうじからあげ
液体塩こうじに1時間ほど漬けます。分量は、鶏ムネ肉10に対して液体塩こうじ1の割合。ジップロックに入れると便利です。

液体塩こうじからあげ
片栗粉をまぶします。

液体塩こうじからあげ
油で揚げます。

液体塩こうじからあげ
出来上がり!片栗粉だけだったので竜田揚げのような見た目になりました。溶き卵と小麦粉で天ぷら風にしてもおいしいです。

味は、液体塩こうじがしっかりがんばってくれているので気にすることはありません。それだけでちゃんとおいしいです。

今回は控えめに作りました。前はムネ肉売り出しのときに2枚入りを買ってきて作ったので、とんでもない量になりました。それなのにかかった費用はモモ肉1枚分くらい。家族の胃袋も大満足です。

液体塩こうじは他にもレシピがたくさん!

液体塩こうじブランドサイトハナマルキレシピのキッチン [クックパッド]には、液体塩こうじを使ったレシピがたくさん紹介されていました。

アジフライとパプリカの和風塩こうじマリネは、液体塩こうじとごま油、酢で簡単マリネ液を作ってます。

牛ひき肉と舞茸の炊き込みご飯☆は、こってりしがちな牛挽肉を液体塩こうじでさっぱり仕上げるアイデアが。

液体塩こうじのクリームロールキャベツ☆のような煮込み料理もいける。すごい。

う〜ん万能。せっかく買ったのでいろんなメニューにもチャレンジしていこうと思います。みなさんもぜひ、この優秀さを実感してください。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-レシピ

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.