育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ライフスタイル

アニメ「落語心中」はキャラクター同士のやりとりそのものが落語みたいでおもしろい!Amazonプライムで観れますよ

更新日:

落語大好きなべこう(@fukujion)です。大学では「落語に学ぶ話術」的な講義を受講し、生の落語を観に行ったり、自分たちで落ちをつけて話してみたり、そんなことをしていました。ええ、ボケるのは大好きです。でも、視聴者が3人を超えると途端に鈍りだすのが欠点。

落語、特に古典落語が大好きな私ですので、この「落語心中」はタイトルからして気になっていました。マンガをあまり買わない令をしいているので手は出していませんでしたが。

それがAmazonプライム会員なら視聴できるようだったので早速1話をチェックしてみました。

スポンサーリンク

あらすじ

落語心中

主人公は、刑務所から出所したばかりの元チンピラ。元チンピラといっても全然悪そうな人じゃなくて、逆に明るく前向きで話し出したら止まらない、犬のように人懐っこい青年です。話から察するに、悪い人たちからいいように使いっ走らされて刑務所に入っていたようです。

出所した主人公・与太郎は、真っ先に落語界の重鎮、有楽亭八雲のところに弟子入りに行きます。どうやら刑務所にいるときに、レクリエーションの一環で八雲が落語をしに来たのをたまたま聴いたようです。

弟子はとらない主義の八雲でしたが、与太郎があまりに熱心にお願いするので、弟子として同じ家で暮らすようになります。まぁそれ以外にも何か理由がありそうですが。

師匠・八雲の家には小夏という女の子が住んでいました。八雲が若い頃、兄弟弟子であり、天才とまで言われた助六の娘です。なぜ一緒に暮らしているのか。まだ訳は多く語られていませんが、天才・助六が若くして亡くなってしまい、八雲が引き取ったようです。

この八雲と助六の過去に何があったのか。そこがかなり重要な話で、2話目からは2人の過去について語られていくようになっています。

アニメそのものが落語

落語を扱った作品ですが、登場人物の言葉遣いややりとりそのものが落語みたい。

「あんた」「あたし」「不愉快だよ」「なんでだい」「さっさと乗んな」「おせぇえやつだ」などなど。落語の独特な会話が好きな私はやりとり全てが楽しかった。

会話のテンポもよくって、初回は1時間だったんだけど、飽きずに最後まで観らました。

死神

落語の話ですから作中でも落語が使われます。オープニングから使われ、与太郎が落語にハマるきっかけにもなった「死神」。死神から死神の消し方を教わった男が、医者になって死神を消す=病気を治して大金持ちになる話。でも最後はズルをしてしまって…いろいろ終わり方にバリエーションがあるものの、噺家がパタリと倒れて終わるラストは、衝撃です。

実は私も落語にハマり始めたころに聴いたのが「死神」だったので「おぉぉ!」とテンション上がりました。ちょっぴりホラー要素のある話だし、あんまり落語を知らない人もとっつきやすそうだから入門編に最適なんでしょうかね。

出来心

ぽんぽんとテンポよく話が進み、1話目で与太郎が寄席で演じることになった話が「出来心」。泥棒に向いてないけど泥棒をしている男の話です。

これがけっこう長い尺を使うんですよ。おそらく短縮されてはいますが、最初から最後まで。それで与太郎が実に楽しそうに話すこと。だけど首筋には汗がたらー。やっぱり緊張もしているんですね。

この話は「落語の何が面白いんだ」と思っている登場人物に向けられています。だからその人がクスッと笑ったりするのが、こっちまで嬉しくなってきます。感動する良いシーンです。きっと視聴者で落語のことをあまり知らない人も、これでぐっとひきこまれるんじゃないでしょうか。

3つの約束

話の全てがうまくいくとは限りません。終わり頃、与太郎がやらかしてしまいます。絶体絶命の与太郎を師匠の八雲は徹底的に突き放します。そして、失敗を許して再び弟子になるのに3つの約束をします。これがまた若かりし八雲と今は亡き天才・助六との間に何かあったんだろうなと思わせるような内容なんです。

2話目からは、過去編に突入していくようです。八雲と助六、2人の間にどんなことがあったのか。雰囲気から感動必至な臭いがプンプンします。ガルパンぶりに続きが気になる作品です。

Amazonプライムで観られる!

落語心中を観るきっかけになったのは、Amazonプライムビデオで配信していたから。最近Amazonプライムを契約し、Fire TVを購入しました。ガールズ&パンツァーを一気見してさぁ次は何を見ようかなと思っていたら落語心中が目に入ったんです。こんな機会でもなけりゃ見ないだろうと観てみたらびっくり!めちゃおもしろかったという訳なんです。

我が家には小さい子供がいるので、AmazonプライムやAmazonファミリーはものすごく重宝しています。子育て用品もろもろが安く買えるし家まで届く。その他のコンテンツも子供が寝た後のゆっくりタイムにも最適です。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-ライフスタイル

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.