育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

lifehack

10年溜まったトイレの汚れをプロに頼んでキレイにしてもらった

投稿日:

こんにちは。なべこう(@fukujion)です。

知り合いの方から古民家を借りることになり、いろいろと引っ越しに向けて準備しているところです。とても格安でかつ敷金礼金なしで借りられてとても嬉しいのですが、その代わりについてくるトラブルもあります。

そう、掃除問題です。一般的に賃貸アパートなら敷金礼金を払う代わりに、綺麗な状態で明け渡してくれます。ですが、個人契約だと前に住んでいた人が掃除していなかったらそのままです。それはある程度覚悟していたのですが、ただ一点、トイレだけは自分でもどうしようもありませんでした。

トイレ、それは奈落の底

初めて家の中を見せてもらったとき、驚きました。築40年ほどなので劣化は覚悟の上でした。しかしトイレだけは手入れされていないことが明白でした。

よくある様式水洗トイレなのですが、水がたまっているその先にあるのはただ闇のみ。いくら目をこらそうとも見えるのは暗闇の世界。ぼくたちはこの闇の中で、希望という名の光を見いだせるのだろうか。。。

漆黒の闇に投じた1粒の光

光さえも飲み込んでしまう闇の前にただ立ち尽くすしかなかったぼくの頭の中に鮮明な映像が浮かび上がりました。そう、1粒の光(錠剤)を闇(便器)の中に落とすと、光が増殖し(発泡し)闇が消え去る(汚れがはがれ落ちる)そんな映像が。

ぼくは急いでナフコの村に行き、6粒入りの希望の光(錠剤)を買いました。闇に1粒投げ入れ、2日後、様子を見にいきました。

だがしかし!

闇はまだそこにありました。

プロに相談

洗浄丸でどうしようもないならもうお手上げということで、プロの業者を調べ来てもらうことにしました。一度見てみたいということだったので、写真をメールで送りましたが答えは「やってみないとわからない」。少々不安でしたが、汚れが落ちなければ料金はいらないということだったのでお願いしました。

午前9時。勇者(業者)がやってきました。「全力を尽くす」とのこと。早速作業に取りかかりました。

正午になってもまだ終わりません。不安になっていると「カンカンカン」とカナヅチのような音が。どうやらのみのようなもので汚れを削ぎ落としているようです。13時を過ぎてようやく戻ってきました。「何とかできました」と。約4時間、格闘してくれました。では次に1階のトイレをお願いします。

我々の完全勝利

全ての作業が完了したのは16時過ぎでした。その間、お昼も食べずにずっと作業をしてくれていました。朝の9時からだから7時間。すごい戦いでした。

業者の方の話によると、やはりまったく掃除していなかったそうです。前の方は10年住んでいて、その汚れが2mmの層になって残っていたとか。2mmってすごい・・・

料金は、汚れ落としとコーティングを2カ所で2万円。とても納得のいく仕事をしてくれました。こういうのはやはりプロに頼むのが一番ですね。次はお風呂もお願いします。

photo credit: Kalexanderson via photopin cc


-lifehack

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.