育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

思ったこと 音楽

星野源に学ぶCDを売るための極意

更新日:

ちまたでは「CDが売れなくなった」という話をたびたび聞きます。みなさんにはCDが出たら絶対買うお気に入りのアーティストはいますか?私は何組かいるのですが、その中でも星野源というシンガーソングライターのCDは、たとえ曲がいまいちでも買ってしまいます。今回はその訳を探ってみました。

初回限定版はCD+DVD

星野源のCDは、初回盤CD+DVDという形で売られています。これはなにも新しい手法でもなんでもなく、当たり前のように多くのアーティストが採用している方法です。では星野源は何が違うのか。それはDVDの中身、とりわけ、その編集のすさまじさにあります。

例えば、最新作「知らない」の内容は、ミュージックビデオはもちろん、メイキング、ライブ映像、レコーディング風景、作詞に苦悩する姿など、もりだくさんの70分という仕上がりになっています。もちろん、これらをただ羅列するだけでもDVDはできます。でも、やり手編集マンはやります。まずミュージックビデオをまるまる流した後は、とあるライブ映像に。そのライブ映像が2、3曲終わると突然レコーディング風景に。そしてまたライブ、メイキング、ライブ…といった具合に内容がミックスされているんですね。

これは一見慌ただしく思えるんですが、見てみるとすんなり受け入れられることが分かります。私の場合、ライブ映像は見たいけどだらだら続くと飽きてしまうというタイプなので、途中で裏側的な笑える映像が入っていると、不思議なことに集中が続くんです。しかも、トップメニューから選択するとライブ映像だけまるまる見ることもできます。ナイス配慮!

あとはトップ映像とか字幕の入れ方とか隠し要素とか細かい部分はたくさんあるのですが言葉で説明しきれないので見てもらったほうが早いという話になるんですが、とにかく、楽曲だけじゃなくDVDも作品としてこだわっているんだなと感じられる仕上がりになっています。

YouTubeをのっとる

コンテンツを充実させただけでは、買うまで中身がわからないのでだれも買いません。星野源はどうしているか。それはYouTubeを効果的に使うことで、買いたいスイッチを刺激しています。

YouTubeでミュージックビデオを見られるようになったことが、CD不調の一因と考えるのは嫌いですが、実際の消費者の行動として、新曲が発表されたらYouTubeで検索してみるのはありがちなことだと思います。そのとき「星野源  曲名」みたいに検索するとミュージックビデオ的なものがヒットします。どうやら公式っぽい。最近はビデオをまるまる流してくれる会社も多くなりました。これもそうだろうとクリックする。すると、案の定ミュージックビデオが流れます。しかし、一回目のサビが終わったころに映像が変わり、例のメイキングやらライブ映像やらのダイジェスト版が流れます。これもうまく5分ほどにまとめられていておもしろい。よし買おうという流れになるんです。おわかりいただけたでしょうか。一度見てみてください。

そして、なぜかいつもアマゾンでは初回版が高騰している・・・。


-思ったこと, 音楽
-

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.