育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

モノ

ストライダーを買おうとしてたけどTREKのキックバイク「KICKSTER」を買いました。

更新日:

なべこう(@fukujion)です。息子が2歳になりました。2歳なったらキックバイク!と前々から夫婦で画策しておりまして、ド定番のストライダーでもいいけどせっかくだから違うの買いたいということでいろいろ調べてみました。
ストライダーだけじゃない!有名自転車メーカーが放つランニング(キック)バイクも検討してみては?
ヨーロッパ以外の自転車メーカーからはけっこうたくさん発売されていて、とても心踊りました。その中でデザインや機能面、価格など総合的に判断して、TREK(トレック)の「KICKSTER」に決めました。

スポンサーリンク

TREK(トレック)「KICKSTER」

いつもロードバイクでお世話になっているお店から届いた連絡があったのですぐ取りに行きました。

TREK「KICKSTER」フィッティング
ポジション出してもらってる。。。

TREK「KICKSTER」
ナイスな見た目。TREKのロゴが大人用自転車のと違うのでぱっと見分からないかもしれませんが、TREKです。

TREK「KICKSTER」
サドルは、丸みを帯びていて、かなりクッション性が高い。

TREK「KICKSTER」
がっと漕いでスピードが出たらかかとを置いて巡行モード。

TREK「KICKSTER」
ロゴまわり。かっこかわいい。

TREK「KICKSTER」
前から見ると、ちゃんとTREKのエンブレムが。あとハンドル切り過ぎてこけるハプニングにも対応している。

TREK「KICKSTER」
太めのタイヤ。

TREK「KICKSTER」
空気入れるところは、わざと曲げられていて入れやすい。

フレームの素材はアルミ。軽いのにしっかりしています。

ストライダーとの違い

別にストライダーが親の仇ってわけではないんですが、調べてみるとやっぱり世界1、2を争う戦いにマシンを送り出すメーカーは作りが違うなぁと感心させられます。

まずフレームの素材がアルミ。ストライダーは鉄です。アルミは比較的安価に丈夫さと軽さを両立できる素材で、ロードバイクでも初めて乗るものはアルミが多いです。

あとタイヤ。自転車は空気を入れて乗るのが当たり前ですが、ストライダーは空気入れない仕様。最近パンクしない一輪車というのが出てますが、あんなイメージ。無論、パンクしないし空気入れる手間が省けるというメリットがありますが、重さ、乗り心地の面でマイナスでもあります。

子供が「お父さん、やっぱトレックは乗り心地が違うね」なんて言うわけないし、自己満足なのかもしれませんが、自転車にハマってる私たち両親からするとここはこだわっておきたい。絶対良いですから!

どうやって手に入れるの?

しかしネックなのが入手方法。ネットを探したけど見当たらないし、そこらのお店で売っているわけでもない。

いちばん確実なのはロードバイクを取り扱っている自転車屋さんに行って、取り寄せてもらえるか聞くこと。トレックと取り引きがあれば取り寄せてもらえます。

前の記事で紹介した他のロードバイクメーカー産キックバイクも同じように聞いてみるといいでしょう。

近くにお店があるかどうかは、検索するか、「BiCYCLE CLUB (バイシクルクラブ)」や「CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)」という本の後ろの方にお店の広告が出ているので、それを見てください。

今回紹介したTREKの「KICKSTER」なんかは値段もストライダーとそんなに変わらないので、性能とかわからんけどちょっと違うの乗せたいなという方にもおすすめです。早くぶいぶい乗ってる息子の姿を見たいのですが、まだ興味を示してくれません。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-モノ

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.