育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

モノ

ついに我が家もオイルヒーター導入!コスパの良さで選んだけど安くても使えることが判明

投稿日:

寒い朝でも起きられるようになり、年齢を感じているなべこう(@fukujion)です。

暖房器具にはいろいろありますが、我が家には生後間もない赤ちゃんがいるということで気になっていたのがオイルヒーター。空気を汚さない、火が出ないというのが主なメリットです。

で、オイルヒーターと聞くと真っ先に出てくるのが「デロンギ」。祖父母にプレゼントしたので良さは実感していましたが、いかんせん本体が高い。なかなかふんぎりがつかないでいたのですが、今回、コスパの良いオイルヒーターを発見しました。


スポンサーリンク

オイルヒーターの魅力

そもそもオイルヒーターとはどんなものか。まずは魅力から語りましょう。

空気を汚さない

オイルヒーターは、本体内部のオイルを不思議な力(電気)であたためることで、周りの空気もあたためるという仕組みです。

だから、石油系のストーブのようにときどき換気が必要というわけではありません。また、エアコンのようにものすごく乾燥する、ということもありません。

うちのように小さい子どもがいる家庭にはありがたいです。

燃料の継ぎ足し不要

オイルヒーターは最近メジャーになってきた暖房器具なので、中には「オイルを足すの?」と思っている方もいるようです。しかし、オイルは本体に密閉されていて、普通はなくなったり注ぎ足したりすることはありません。コンセントからの電力のみです。

「灯油」も「油」という字を使うからついついオイルと結びつけてしまいがちですが、全く必要ありません。

火事などの心配がない

オイルヒーターは、何かを燃やすというものではないので火事になる心配がありません。

キャスター付きで移動が楽

オイルヒーターのほとんどは、キャスターがついていて移動が楽チンです。火もないからこかしたり振動で自動スイッチオフになったりもありません。

オイルヒーターのデメリット

ヨーロッパでは主流のオイルヒーターが、日本ではあまり普及しないのには、それなりのデメリットがあるからです。

電気代が高い

これはもうしゃーない。火も風も使わずに部屋を暖めようとすればそれなりに電力はかかります。

1日何時間使っていくらとかは出せませんが、それなりに部屋を暖めようとすれば1200wで運転しなければなりません。タコ足配線だったら落ちますよ、ブレーカー。

暖まるのが遅い

部屋が暖まるのに時間がかかります。本当にじんわりです。だから、ある程度計算して、あらかじめスイッチを入れておかなければいけません。「うー寒い寒い」と言いながら電源を入れるようではダメです。

日本家屋に不向き

日本の家は通気性が高い分、熱も逃げやすくなっています。だから、オイルヒーターのようにじんわり暖めていては、どんどん温もりが逃げていってしまいます。

最近建てられた家だと隙間が少ないので、それほどデメリットではありません。

hidamari(ひだまり)

では、オイルヒーターに詳しくなったところで、我が家で購入したものをご紹介しましょう。

hidamariというやつです。

箱からひっぱり出しましたがけっこう重いです。このパネル一枚一枚にオイルが入っています。

キャスターは自分で付けないといけません。道具不要で簡単ですが。

操作パネルです。入切タイマー、温度設定、ワット、チャイルドロック、エコ運転のボタンがあります。

タオルハンガーです。ここにタオルを干せます。その日はくズボンを暖めておくと、幸せになれます。

しばらく使ってみた感想

確かに暖まりはゆっくりです。冷たい水を触った後、一気にあたためたいとか、急いで暖をとりたい場合は不向きですが、計画的に暖めておけば、じんわり暖めてくれます。

ひだまりとはよく言ったもので、ぽかぽか適温にしてくれる、という感じです。

臭いや乾燥もなく、子どもがいる我が家にはぴったりでした。

そして、我が家は典型的な日本家屋ですが、そんなに暖まりについて思うことはありません。もしかしたら、最新の家だともっと効率よく暖まるのかもしれませんが、今のところ大丈夫です。

また、hidamariはオイルヒーターの割には安いですが、特にダメということはなく、買ってみてよかったなと思います。

しかし、ここ数日の寒波のときは、さすがにこれだけでは厳しいものがありました。小さい子がいる家庭ではとてもいいアイテムですので、うまく併用して使いたいものです。

と、書いていて良いのか悪いのかわからなくなってきましたが、とてもいいんです。しかも、高いのじゃなくても使えるんです。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-モノ
-

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.