育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

モノ

木製iPhone6Plusケースを購入!木とプラスチックが調和した「+LUMBER」を選びました

更新日:

人生初のiPhoneトイレ水没を経験した、なべこう(@fukujion)です。人間何事も経験ですね。

iPhone5のときから愛用している「Hacoa(ハコア)」の木製iPhoneケース。iPhone6Plusの発売が決まるとすぐにケースもリリースされるとのことで、早くも買う方向に気持ちが傾いていました。
iPhone6Plusは裸持ちと決めたけどHacoaの木製iPhoneケース出るなら買っちゃうわ
しかしなんと!今回Hacoaから「+LUMBER(プラスランバー)」という新ブランドが誕生し、そこからもiPhone6/6Plusケースが出るというではありませんか!これは見にレバニラ!あれ、胃カメラ!あ、行かねば!ということでスタッドレスタイヤに履き替え、雪の福井へと向かいました。
新しいタイプのiPhone6/6Plus用木製ケースがHacoaから全3樹種で登場!

スポンサーリンク

で、買ってきました

お店の様子やHacoaのことについては、過去に書いた記事をご覧いただくとして、早速買ってきました。
[P]木製のデザイン雑貨ブランド「Hacoa」のお店に行ってきた!
実物見たら即決でした。

まず価格。これまでのHacoa木製iPhoneケースは1万円近くします。初めて買ったときなんてほんとに「エイヤッ!」と買いました。

今回もHacoaブランドの1万円近くするiPhone6/6Plusケースもありますが、+LUMBERは5千円切ってました。ドキドキ1万円を握りしめてきたので、これは想定外。一気に「買おう!」という気になりました。

+LUMBERは、これまでのオール木製のケースと違い、プラスチックと組み合わせてできています。正直このプラスチック部分がどうなのか、触ってみるまで不安でした。しかし、こちらも想定外。なんだかマットな手触りで超気持ちいい。デザインも木とマッチしていて、木を捨てたことがマイナスどころかプラスに働いていました。プラスチックだけに。

詳しくご覧ください

では、iPhone6Plusケースを買ったので細かいところを見ていきましょう

Hacoaの黒くて中が見えない箱とは対照的にホワイトシースルー。電気屋のケース売り場にぶら下がっていそうです。+LUMBERはエントリーモデルというか、カジュアル路線的な位置づけのようなので、こういう箱にもカジュアルさを取り入れたのかな?
出したところ。木の種類は大きく3つあり、簡単に言うと白、茶、こげ茶です。そこからさらに好みの木目を選びます。店員さんに言うと一通り出してくれるので、これだと思う木目をさがしましょう。

内側です。マットな感じが写真でもわかるかと思います。

装着しましたが、こちらからだとあまりわかりませんね。

本体底はこのようになっています。

左側音量ボタン。

カメラ部分と右側電源ボタン

全部木でできたケースは、若干がたつくこともありますが、こちらはがっちりホールドしています。固くて外すのが難しいくらい。

また、iPhone6Plusにしてから落とすことが増えたのですが、側面のマットな素材がいいすべり止めになっていてグリップ力が上がりました。

+LUMBERかなりいい!

もともとおっきいiPhoneにケースつけるとさらにおっきくなるからなぁと心配していましたが、全然平気。

あと、冬場は寒さで本体がキンキンに冷えていることが多いのですが、それも解消されました。まさに木のぬくもり。

長年HacoaのiPhoneケースを使っていますが、他のものに目移りせず使い続けられるのは、ぼくには珍しいことです。それだけ馴染んだ、ということでしょう。

1つ心残りなのは、すでに使わなくなったiPhone5の木製ケース。単なるプラスチックならポイと捨てておしまいですが、ここまで大切に使ってきたし、木だし、高かったし、捨てるに捨てられん!Hacoaさん、何か良いものに生まれ変わらせることってできないですかね?

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-モノ
-

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.