育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

モノ

AnkerのiPhone7ケース「ClearShell」は裸持ち派にもおすすめの極薄軽量ソフトケース。しかも安い。

更新日:

なべこう(@fukujion)です。

2年ぶりにiPhoneを6Plusから7に乗り換えました。普段は裸で持つか、大好きなHacoaの木製ケースを使っています。今回もとりあえず裸で持つかーと思っていましたが、Plusから無印へサイズダウンすることで、手からするっと滑り落ちてしまうことが心配になってきました。

なので、安くて高品質なAnkerブランドのiPhone7ケースを試してみることにしました。

スポンサーリンク

iPhone7用ソフトケースAnker「ClearShell」

Anker製品は、第2世代高耐久ナイロンライトニングUSBケーブルPowerLine ライトニングUSBケーブルPowerPort4に続き4つめの購入です。白に青の箱がおしゃれで好きです。持ってみるととても軽い。スマホケースですもんね。
Anker「ClearShell」

意外に高級感高めの袋に入っていました。
Anker「ClearShell」

出してみた。
Anker「ClearShell」

Anker安いし透明だしってことであまり説明を読まずに買ったからやわらかいの知らなかった。びっくり。
Anker「ClearShell」

ジェットブラックじゃない方のブラックに付けました。背面。
Anker「ClearShell」

マナーモードスイッチ、音量ボタン。
Anker「ClearShell」

カメラと電源ボタン。
Anker「ClearShell」

スピーカーとLightningケーブル挿すとこ。
Anker「ClearShell」

表面。
Anker「ClearShell」

普段は裸持ち、もしくはHacoaのiPhoneケースしか使ってなかったので、この手のケースはとても新鮮。いちばん嬉しかったのは、画面よりもケースが出っ張らないところ。指が引っかからないので操作しやすい。

あとソフトケースというと、いかにもシリコン!というケースしか使ったことなくて、引っかかってポケットになかなか入らなかったり、出すときポケットの中のほこりをすべてからめ取ってきたり、悪い印象しかありませんでした。Ankerの「ClearShell」はTPU素材を使っているらしく、シリコンほどひっつかず、プラスチックほどカチカチじゃない、まさにいいとこ取りのケースなのです。

iPhone6PlusからiPhone7に乗り換えていちばん心配だったのが、今までより小さいiPhoneをするっと落としてしまうことでした。滑り止めの意味も込めてこのケースを買ったのですが、絶妙の引っ掛かりで満足しています。

また、ケースの透明度も高く、iPhoneそのもののデザインを損なわないのがいいですね。変色防止加工がされているそうなので、この透明度が長く保たれるらしいです。こればかりは長く使わないとわかりませんね。

あと、重さ約9g、薄さ約0.65mmとなっていて、重く分厚くなりすぎないのがいいですね。

値段も安い(半額になっているのは今だけかな?)ので、気軽に試せるのもいいです。

何かいいケースを、と探している方は参考にしてみてください。

よく落とすんだよなぁという方には、クッション入りのバージョンもあります。

ガラスフィルムも安いですよー。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-モノ

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.