育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

モノ

今年の手帳もこれで決まり!ほぼ日手帳2014springが届いたので開封。やっぱその他のページが素敵

投稿日:

今日もお越しいただきありがとうございます。なべこう(@fukujion)です。

人生で初めて1年間続いた手帳であるほぼ日手帳。2年目も使うべく「ほぼ日手帳2014spring」を購入しました。「今年の手帳はどうしよう」「ほぼ日手帳ってどうなのかな」と考えている方に少しでも参考になればと思います。

ほぼ日手帳

ほぼ日手帳は「ほぼにちてちょう」と読みます。初めてその名を見たときぼくは「ほぼにってちょう」と思っていました。日記なのか手帳なのかどっちやねん!と思ったことを覚えています。

どんなきっかけでほぼ日手帳を手にしたかは忘れてしまいましたが、ちゃんとした手帳です。糸井重里さんが代表を務める「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳らしいので「ほぼ日手帳」と言うのだそうです。

シリーズとしては、今回ご紹介する「オリジナル」の他に「WEEKS」「カズン」「英語版」があります。詳細は公式HPをどうぞ。

開封の儀

それでは到着したほぼ日手帳を開封してみましょう。カバーは以前に購入したので今回は中身のみです。

ほぼ日手帳外箱

まずは外箱。いつも黄色いかわいい箱で届きます。フタをぱかっと開けると何やら言葉が。よく見ると読めるかもしれませんが、買ったときの楽しみにとっておいても良いでしょう。

ほぼ日手帳オープン

フタを全部開けたところ。手帳のみの注文でしたが、何か他にも入ってるぞ。

ほぼ日手帳中身

出してみました。ほぼ日手帳本体に加えて、ジェットストリームボールペン、黒の替芯、ミニトートが同梱されていました。

ほぼ日手帳中身2

ミニトートを広げてみた図。ほぼ日手帳がすっぽり入るサイズです。

ほぼ日手帳のここが好き

日々の言葉

ほぼ日手帳は1日1ページです。そのページの下に「日々の言葉」としていろんな言葉が書かれています。クスッと笑えるものから深イイもの、ためになるものまで様々です。それを読むためについついページをめくってしまいます。

豊富なカバー

手帳そのものは素朴な文庫本のようなデザインです。しかしそれを飾るカバーの種類はとても豊富です。ほぼ日ストアだけでもたくさんなのに、リスペクトして勝手にカバーを作り出す革メーカーもあるほどです。ちなみにぼくは「ロビンエッグ」というカバーを買いました。

その他のページ

手帳には巻末にいろんな便利ページがついていますよね。各国の通貨や単位、路線図、生まれ年早見表などなど。ほぼ日手帳はここが特徴です。2014springでは、自分の好きな記念日を書ける「My Anniversaries」、曜日毎の決まった内容を書ける「タイムテーブル」などがあります。これ便利。

そして変わったものに「毎日が楽しくなるターン」という、ターンの仕方を図解で示しているページや「この季節に行きたい水族館」として季節毎のおすすめ水族館を紹介するというものがあります。365品のおかずがランダムに並べられているページがなくなったのが残念です。

終わりに

というわけでぼくは今年もほぼ日手帳を使います。

ほぼ日手帳2014


-モノ
-

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.