育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

DIY

ラック支柱と1×3材で飾って楽しい"見せる"プラレール収納棚をかんたんDIY

投稿日:

息子が電車にハマってから自己増殖していくプラレール。収納に困っているご家庭も多いのではないでしょうか。

我が家では、週末プチDIYで「飾って楽しい"見せる"プラレール収納棚」を作ってみました。手順が簡単、好きな大きさに組める、飾れる、と三拍子揃った収納棚です。


スポンサーリンク

アイリスオーヤマ「ラック支柱」

今回活躍してくれるのが、アイリスオーヤマの「ラック支柱」。

アイリスオーヤマ「ラック支柱」

別にアイリスオーヤマじゃなくてもいいです。たまたま近くのホームセンターにあったのがこれだったので。溝がある支柱だったら何でもオッケー。

普通この「ラック支柱」は、4本買ってきて、棚板を差し込み、好きな大きさの棚を作るものです。しかし今回使うのは2本だけ。

欲しかった短さの支柱がなかったため、1本を2つにカットすることにしました。ホームセンターのカットサービスにお願いしました。ラック支柱をカットする人はおそらくいないだろうに、対応してくださいました。やさしい。

アイリスオーヤマ「ラック支柱」

1×3材(ワンバイスリー材)

棚板に使うのは、1×3材(ワンバイスリー材)という材木。これがラック支柱にもプラレールにもぴったりなんです。

1×4材(ワンバイスリーが材)

この1×3材、横幅がラック支柱とほぼ同じな上、溝にピッタリの厚みなのです。しかも、プラレールの幅よりも少し大きいくらいなので、切る必要がない。

長さは、850mmに切り出してもらいました。これは、一般的な3両編成のプラレールの全長が、だいたい420mmだからです。ひとつの棚に3両編成の電車が2台置けるようにしました。

1×3材(ワンバイスリー材)<

ヤスリがけをすると仕上がりが全然違うので、めんどくさいですがやっておきましょう。本格的にDIYをするなら「サンダー」があったほうがいいです。

組み立て

材料が揃ったら組み立てです。

といってもめちゃめちゃかんたん。ラック支柱の溝に1×3材をはめていくだけ。キツキツなので、当て板をしてハンマーでトントンすると入れやすいです。

プラレール収納棚

けっこうきっちり入ったので今回はやりませんでしたが、ネジで固定することもできます。

アイリスオーヤマ「ラック支柱」

ラック支柱の背中にネジ穴があいています。ここからラック支柱用のネジを打ち込めばばっちり!

完成!

プラレール収納棚

思い通りのものができました。

コストは、1×3材 6Fを2本(398円×2)、ラック支柱(1080円)、カット代(30円×3)、ネジ(178円×2)で、トータル2322円でした!ネジ使わなかったので、ネジ代引いたら2000円くらいですね。

どんな大きさにするのか、カットは自分でするのかしてもらうのかなどでコストは変わってきますが、かなりお手頃だと思います。お部屋に合わせてカスタムできますしね。

あと、そうそう!今回のDIYから作業台を導入しました。これあるとないとで全然違いますね。ヤスリがけのときの楽さが違う。ちょこちょこ物を作るなら絶対あったほうがいいです!

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-DIY

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.