育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

働き方

[P](レビュー)ノマドと社畜 谷本真由美著

投稿日:

前から気になっていたのですが、Kindleで安かったので購入しました。ノマド入門編という感じで読みやすく仕上がっています。社畜についてはあまりかかれてないかな。ノマドという言葉を知ったばかりの人におすすめの本です。また、ノマドのすすめ的な内容ではなく、向いてない人はやめといてねというスタンスも好感が持てます。

ノマド商法

私の中でノマドとは、何かしら自分のスキルを高めて個人的に仕事を請け負ったり、会社員であっても場所にとらわれない部門を担当することで実現可能なものだと思っていました。なので本書の最初に書かれている「ノマドになる方法をお教えしますよ」と言って、セミナーに誘ったり情報商材を買わせたりなんてことがあることに驚きました。フリーランスで働くために税金やWebデザインの勉強をするというのは分かりますが、「ノマドに最適なパソコンを知る」というのにお金を払うのは、さすがにバカげています。でも、そこにお金をつぎ込んでしまう人は少なくないらしいです。ノマドを目指す方はまずそこに注意ですね。

 

ノマドとは、自分で食える高機能型派遣

派遣社員を引き合いに出すのは少々違うと思いますが、おそらくわかりやすいのであえて使います。派遣社員というのは、短期間契約で企業に出向き仕事をする人たちで、正社員とは違います。企業としてはピンポイントで起用しやすく、厳しくなれば契約更新をせずにいわゆる「派遣切り」ができるため、言葉は悪いですが使いやすい存在です。数年前、大量の派遣社員が首を切られて大変なことになっていましたね。

一方ノマドも、派遣社員と同じように短期間、ピンポイントで起用されることが多いそうです。「このプロジェクトのこの部分だけ手伝って!」みたいに。でも、派遣社員との大きな違いは「契約が切れても食っていける」ということです。どちらかというと会社との契約は、お小遣い稼ぎみたいなものだそうです。これを聞いて私は草野球に助っ人として登場する人を思い浮かべました。「今度の日曜日、力を貸してくれ!」と頼まれ、ポカーンとホームランを打ってさっと帰る、みたいな。企業としても有能な人材をちょこっとだけ借りられるんですから都合がいいですよね。

 

広がる格差

このようなノマドスタイルの人が広がってくることで起こる問題もあります。格差問題です。企業もどうせ力を借りるならより優秀な人の方がいいと考えます。すると、実績があり、それが口コミで広がっている人ほどチャンスが増えます。逆に電卓を叩けるだけというような人には仕事が回ってこなかったり、来ても低賃金だったりします。本当に手に職があるかないかが大きく命運を分けることになりそうです。

加えて、どんな知識や技能が重宝されるかを見極める目も必要です。ニーズの少ない技術ばかり高めても意味がありません。しかもこれから先、どんどん必要とされるものが変わると言われています。ですから、絶えず学び続けることも大切です。

 

以上、ノマドはいいことばかりじゃないよ。でも目指せる人は目指した方がいいよ。その時には間違った方にいかないでねという内容でした。ノマドに興味を持ちはじめた方にはちょうどいい本でしょう。

谷本真由美(@May_Roma) 朝日出版社 2013-01-11
売り上げランキング : 24

by ヨメレバ

-働き方,

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.