育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

ボードゲーム

[P]初めてのボードゲーム「藪の中」が届いたので厳かに開封いたす

投稿日:

ボードゲームというものに興味を抱き始めたなべこうです。何か1つ手にしてみたいということでoink gamesの「藪の中」というゲームをチョイスしました。

なぜ「藪の中」?

ではなぜ「藪の中」をチョイスしたのでしょう。それは、「ボードゲームって言ったって人生ゲームみたいにでかでかと広げるのはまだ早いなぁ」という気持ちがあったからです。

そこで、コンパクトなカードゲームタイプのゲームを探していると「小早川」というゲームを見つけました。何ともネーミングが古風なのに惹かれて販売ページにいったものの既に売り切れ。がっくりしていたところ、「小早川」の下にあった「藪の中」が目に入ったという次第です。

いざ、開封!

さぁ開封してまいりましょう!まずは外観。シンプルなデザインのパッケージです。注)ニャンコ先生は別売です。

そして、思った以上にコンパクトなのにぴっくり!横幅はほぼiPhone5と一緒で、縦はそれより短いです。

ぱかっと。

人型の容疑者カード。2〜8までの数字と何も書かれていない真っ白なカードがあります。基本的に裏返して使います。

各種マーカー。一番上の白いのが第一発見者マーカーです。親みたいなものですね。目玉が書いてあるのはこの人が犯人ですチップです。犯人だと思うところに置いて使います。

ゲームの流れ

基本的なゲームの流れを簡単に説明します。人型カードのどれか1枚が殺され、3枚のカードが容疑者として場に置かれます。

プレーヤーは、表を見ることができる限られたカードから、容疑者を推理します。ものすごく簡単に言えば犯人を当てれば勝ちです。

その他にも、第一発見者の役割などが関わってきて、より複雑な展開になっていきます。

はやくやってみてー!


-ボードゲーム

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.