育休男児

1年間育児休暇を取得した男の奮闘記。これからの働き方、DIY、ロードバイクなどの情報も。

Apple

もしものiPhone水没に備えて「iPhoneを探す」はオフにしておきましょう

投稿日:

初めてiPhoneの水没を経験したなべこう(@fukujion)です。

携帯電話を持ち始めて10年以上。水没はおろか、画面割ったり踏んづけたり、とにかく使えなくなるようなことはしたことなかったので、正直プチパニックでした。

初めての水没なので、Appleのサポートに電話して手取り足取り教えていただきました。すると意外な盲点が見つかったので共有します。

スポンサーリンク

「iPhoneを探す」はオフに!

みなさんは「iPhoneを探す」という機能は使っていますか?

iPhoneをどこかに忘れてきた、または失くしたときに見つけ出してロックかけたり「取りに行くから待ってて」とメッセージ送ったりできる機能です。

ぼくは使っていない、いや、使っていないつもりでした。つもり、というのは、iPhoneを購入したとき、デフォルトではそれがオンになっているからです。そして今回、その「iPhoneを探す」がオンになっていたがために、交換保障のときに少し手間取りました。

「iPhoneを探す」機能がオンになっていると、新しいiPhoneを設定するときにエラーが出てしまうそうなんです。
だから一度オフにしてからでないと、新しいiPhoneは発送してもらえません。ただでさえ早くiPhoneを使えるようにしたいのに、それがネックになって発送が遅れるというのはいやですよね。

設定方法は簡単。「設定」から「iCloud」→「iPhoneを探す」と進み、オフにするだけ。

あ、でもよく携帯を置き忘れるからこの機能は必要だという方はオフにしないでくださいね。仮に水没して、iPhoneが操作できなくなったとしても、パソコンからオフにしにいけますので。(電話でオペレーターが支持してくれます)

設定するにしろしないにしろ、本体を交換してもらうときは必要な操作なので、頭の片隅にでも留めておいてください。

以上、なべこう(@fukujion)がお送りしました!


-Apple

Copyright© 育休男児 , 2017 AllRights Reserved.